会計事務所の「サービス業」 って何ですか?

「社長のための会計事務所」構想のプロジェクトを進めていく中で、ふと、思ったこと。

それは、私たち会計事務所の存在意義はなんなのかということです。

 

最近、会計事務所がホームページで訴えている

 

「私たちはサービス業です」といメッセージ。

そんな会計事務所が増えてきました。

 

いったい会計事務所が言うサービス業という定義は何なんでしょうか?

 

税理士法が改正になって、報酬規定の撤廃や広告の自由化、税理士法人の台頭など規制緩和が進んだ頃からそんなことが言われたような気がします。

 

むかしは、税理士や会計事務所は

 

「敷居が高い」

「上から目線」

「ちょと違う世界」

 

など言われていました。

だから、これじゃまずいと思って「サービス業」を名乗ったような気がします。

 

いわゆる営業トークです。

 

提供するものも、やれ経営計画だ、やれ財務分析だ、やれ決算報告会だ、となんでもありのような気がします。

 

別に悪いとは思っていませんが、「それでいいのか」と思うようになりました。結局、なんでもやります、(中途半端に)じゃないでしょうか。

 

税理士は税金の専門家です。税金を計算するプロフェショナルです。お客さんはその対価として報酬を払うのです。経営アドバイスなんてもってのほかです。経営をわからない、わかっていないないのにどうアドバイスができるのでしょうか。

 

だから、行き詰まり、とんちんかんなことを言ってしまうのです。

 

私たちができることは限られていると思います。会社や社長に気づきをもってもらい、主体的に行動してもらうようにサポートしてあげること。そこまでしかできないと思います。

 

会計という実務をわかっているからこそ「社長のために」できることがあるはずです。

 

そこが、私たちの存在意義だとつくづく思いました。

 

 

(アレスコンサルティング 相良一雄)