戦略MQ会計入門


戦略MQ会計は要素法

缶コーヒーを販売している会社があります。

仕入原価60円の缶コーヒーを1本100円で売っています。

この会社は缶コーヒーしか売っていません。

当月は10本販売しました。

この場合の収益構造を、MQ会計では次のように表します。

MQ会計は要素法です。

八百屋さん、魚屋さん、床屋さん、飲食店、卸、小売、サービス、不動産、

そして製造業であれ建設業であれ、どんな業種にも当てはまります。

これからお話しするたった5つの要素で、

すべての企業の収益構造を説明することができるのです。
 
ではこれから5つの要素を順番に解説していきますので、

じっくりとご覧ください。

 

①番目の要素は【P】:価格(プライス)
 
1番目の要素は缶コーヒーの価格です。価格は英語でプライスです。
その頭文字をとって「P」といいます。

②番目の要素は【V】:原価(バリアブル・コスト)
 
2番目の要素は缶コーヒーの原価です。
バリアブル・コスト(変動費)の頭文字をとって「V」といいます。
 

Mは粗利単価です。粗利のことを英語でマージンといいます。
「M」はマージンのMであり、「もうけ」のMです。
 
MQ会計では「M」は要素に入っていません。

缶コーヒー1本の原価Vが60円だとわかっていても、

価格Pが決まらなければ粗利Mは決まりません。

反対にこの缶コーヒーを1本100円で売ろうと思っても、

原価Vがわからなければ粗利Mはわかりません。

利単価Mは価格Pと原価Vが同時に決まらないかぎり確定しないのです。
 

P、V、Mは缶コーヒー1本の単価構造を表します。

これも図形で考えるととてもわかりやすくなります。
粗利Mは差額です。価格Pと原価Vが決まれば自動的に決まるため、

要素には入っていないのです。
(P=V+M、P-V=M)
 

③番目の要素は【Q】:数量(クォンティティー)
 
3番目の要素は缶コーヒーの販売数量です。
クォンティティーの頭文字をとって「Q」といいます。
(PとかQは経済学のことばです)
 

 

P、V、Qのたった3つの要素がわかると企業の収益構造の

とても重要な部分がわかります。

売上高は「単価×数量」から成り立ちます。

1本100円の缶コーヒーが10本売れた場合の「売上高」は

「P×Q」で表されます。

数学ではPとQのあいだの「×」は省略してもよいことになっています。

Pは100円でQは10本です。

したがって売上高PQは1000円になります。
同様に売上原価VQは600円(V×Q)、

粗利総額MQは400円(M×Q)になります。
(MQはPQ-VQではありません)
 

④番目の要素はF:固定費フィックスト・コスト)
 
4番目の要素は固定費です。

フィックスト・コストの頭文字をとって「F」といいます。

固定費Fは会社の生活費です。役員や社員などの人件費、

事務所や店舗の家賃、通信費や水道光熱費などです。

ヒト・モノ・カネの経費です。
この会社では月に300円かかるとします。

⑤番目の要素は【G】:利益(ゲイン)
 
5番目の要素は利益です。

ゲインの頭文字をとって「G」といいます。
この会社の当月の利益Gは100円です。

(MQ-F=G)
 

 

MQ会計は要素法です。

P、V、Q、F、Gが自在に動いて利益Gの最大化を目指します。
 

経営にとって重要なのは「粗利MQ」

MQは一般的に「粗利総額、付加価値総額、限界利益総額」など

と呼ばれています。

MQ会計の「MQ」は、じつはここからきています。

企業がこの先利益を上げていくためには最も重要な、

中心的な概念となります。
 
缶コーヒー販売会社の場合、缶コーヒー1本から生み出される粗利Mは

40円です。

当月の販売数量Qは10本なのでMQは400円になります。

①P・価格、②V・原価、③Q・数量、④F:固定費、⑤G:利益
PQ:売上高(P×Q)、VQ:売上原価(V×Q)、MQ:粗利総額(M×Q)

「利益が見える戦略MQ会計」(かんき出版)より転載